スロットゲーム『Superman the Movie』のレビュー&口コミ

1970年代といえば、フレアパンツや怪しげな口髭など、時代を象徴する様々なシンボルで知られていますが、その中でも特に際立っているのが映画『スーパーマン』ではありませんか?俳優クリストファー・リーブを主人公とした同作は、1978年に初めて公開されました。公開当時はもちろん高く評価され、現在でも人気がある名作となっています。そこで今回、ソフトウェア開発のPlaytech社は、この映画を題材にしたスロットゲーム『Superman the Movie』を制作したのですが、この作品の人気を考えれば、当然の結果なのかもしれません。

実際、Playtech社は、DCコミックやマーベルをテーマにしたスロットゲームを多数制作しており、スーパーヒーローの活躍の場を大きく広げています。これは素晴らしいことですが、同社提供のスロットゲーム『Daredevil』をプレイされた方ならお分かりのように、すべてのスロットマシンが同じように作られているわけではありません。幸いなことに、今日紹介する『Superman the Movie』は、他よりもはるかによく考え抜かれ、うまくデザインされた作品です。

スーパーマンと言えば、Playtech社

青と赤のスーパーマンユニフォームを着る前に、Playtech社と彼らのスーパーマンへのこだわりについて見ていきましょう。Playtech社は、過去に多くのヒーローゲームを開発してきましたが、特にこのスーパーマンのゲームは計3つも開発しています。

その3つのうちの最新作は、スーパーマンシリーズのリブート版である映画『マン・オブ・スティール』に焦点を当てたものです。このことを考慮しても、レトロであれモダンであれ、スーパーマンのゲームで遊びたいのであれば、Playtech社の作品がベストであり、他のソフトウェア企業は考えられないでしょう。

各ゲーム作品にはそれぞれの要素や特徴がありますが、『Superman the Movie』はオリジナルをベースにしているため、”最高級品”と言っても過言ではありません。いつの時代もオリジナルに匹敵するものはありませんからね。プレイ中、そのような状況に追い込まれようと、3×5つのリールがあり、それぞれにボーナス機能がついています。Playtech社のスーパーマンにかける情熱を知りたいなら、『Superman the Movie』をプレイするしかありません!

ポジションの固定

さて次は、リアルマネースロット『Superman the Movie』のゲーム内容について詳しく見ていきましょう。特にボーナス機能が要注目ポイントです。”Save the Day”フリーゲームは、このスロットゲームの5つのリールと100つのペイラインで見つけることができます。フリーゲームと聞けば、恐ろしいものを想像するかもしれませんが、これは普通の賞金よりもはるかに豪華なものです。リール1、3、5のいずれかにエクストラスピンのシンボルを配置できると、スーパーマンのシンボルが固定され、10回分のフリースピンを獲得できます。これは10スピンラウンドの間、ずっとそのままです。

このフリーゲームが終了した後、スーパーマンが現れ、時間を巻き戻します。何事もなかったかのように、同じシンボルが固定された状態へと戻り、プレイをそのまま再開することができます。つまり、20回のスピンに参加することになり、驚くべき賞金をゲットできるかもしれません。ただし、筆者はまだ実際にこのラウンドを見たことがないので、そう簡単にはアンロックできるように設計されていないのでしょう。とはいえ、アンロックできることが分かっただけでも収穫です。

スーパーマンという存在

スーパーマンはいつだってスーパーマンです。原作のキャラクターがいるからこそ、それを実写化する映画やゲームはいつも成功するのです。個人的には『Superman the Movie』は何度もプレイしたくなりますし、すべてのゲーマーにお勧めしたいのですが、スーパーマンに全く興味がない人には微妙かもしれません。というのもPlaytech社は、優れたコンテンツを開発することよりも、手っ取り早く収益を稼ぐことを重視しているように思えるからです。一方、『Superman the Movie』の性能とビジュアルの良さはピカイチであり、DCとのコラボレーションに力を入れていることがよく分かります。